株式会社マノのタマネギは各地の青果市場にも出荷される逸品

このエントリーをはてなブックマークに追加
玉ねぎと言えば食卓に上ることも多い食材のひとつですが、だからこそ全国には大量の玉ねぎが流通しています。そんなタマネギの産地と言えば、日本国内では兵庫県の淡路島が有名です。この地域から全国各地にたくさんの玉ねぎが出荷されているのですが、そのような出荷をおこなう会社の中に株式会社マノがあることを忘れてはいけません。株式会社マノはタマネギの加工メーカー、つまりは原料メーカーとして全国各地の市場に対してタマネギを出荷している会社です。

タマネギ畑を持つ農家ではなく、株式会社マノはあくまでも原料メーカーとして存在しています。どのような意味かと言えば、株式会社マノではタマネギを自社において栽培もおこなっていますが、それ以外にも国内外からタマネギを入荷し、そこに顧客の要望する通りの加工をおこなった上で、出荷しています。それゆえ、原料メーカーとして知られています。

しかし、このような加工をおこなうと同時に自社においても農場を持っているため、こちらで栽培したおいしいタマネギを各地に出荷しているのです。こちらに関しては加工をおこなう前の段階の通常の玉ねぎであり、これらは各地の市場を通してそれぞれのお店や家庭に流れていきます。スーパーマーケットなどにおいて淡路島産のタマネギを見つけた際には、株式会社マノの生産した玉ねぎである可能性もおおいにあるのです。

株式会社マノは昭和28年から淡路島の地においてタマネギの出荷をおこなってきていますが、その後は各地に加工工場なども設けており、タマネギの流通に関してなくてはならない存在になっていると言っても過言ではありません。タマネギはあらゆる場面において多様される食材ですから、家庭においては当然のこと、飲食店においても欠かすことができない食材となっています。その存在価値は今もこれからも変わることはないはずです。つまり、株式会社マノの存在価値は今後も揺るぎないものとおもわれます。

これだけの歴史があるということは、それだけの間、おいしいタマネギを出荷してきたことを意味しています。また、美味しさだけではなく安全面においても定評があるからこそ、信頼され続けているのだと言えます。食の安全が叫ばれる今の時代においてもその地位が揺るぐことがないでいる状態こそ、その何よりの証拠と言えるのではないでしょうか。株式会社マノというタマネギの原料メーカーの名前を強く記憶しておいてください。